会社 法 362 条。 会社法

会社法改正法案における「株式交付」制度の概要と株式交換・産競法株式対価M&Aとの比較

条 362 会社 法

☢ 親会社が、子会社株式等を譲渡することにより、当該子会社の事業に対する支配を失う場合には、事業譲渡と実質的に変わらない影響があることから、事業譲渡に関する定め(467条)と同様に株主総会の決議を求めたものです。 その上で、取締役、特に代表取締役は、会社を代表して業務執行を行うことになります。

8

会社法施行規則

条 362 会社 法

💖 H30. 一 取締役会設置会社の業務執行の決定 二 取締役の職務の執行の監督 三 代表取締役の選定及び解職 3 取締役会は、取締役の中から代表取締役を選定しなければならない。 これによりいわゆるやも可能となる。 株主総会、取締役、監査役等々登場人物が増えることに比例して、覚えることもたくさん出てきます。

17

会社法第362条をわかりやすく解説〜取締役会の権限等〜

条 362 会社 法

😈 取締役の職務の執行の監督•。 独断で行ってしまった行為ということで, 専決行為と呼ぶこともあります。

取締役会の専決事項たる「重要な財産の処分及び譲受け」・「多額の借財」とは

条 362 会社 法

💕 )」と、第368条第1項中「定款」とあるのは「取締役会」と、「各取締役」とあるのは「各特別取締役」と、同条第2項中「取締役」とあるのは「特別取締役」と、「取締役及び」とあるのは「特別取締役及び」とする。 (令和二年法務省令第三十七号)• 取締役会の付議基準について 以上のとおり、会社法が規定する取締役会の専決事項たる「重要な財産の処分及び譲受け」・「多額の借財」は、当該決定を行う会社ごとに、また、当該処分あるいは借財ごとに、個別の事情を斟酌して、総合的に決せられるものであって、一概に判断できるものではありません。

16

会社法施行規則

条 362 会社 法

😀 結局のところ、個々の具体的な事案において、当該財産の量的要素のみならず、質的要素からも検討を要し、総合的判断に基づいて本号の該当性が判断されることとなり、解釈に委ねられています。 では, 取締役会の決議がないのに代表取締役が 重要な財産の処分(売却など)をしてしまった場合にはどうなるでしょう。 本号にいう借財は、銀行融資等の借入れのほか、約束手形の振出、為替手形の引き受け、債務保証、保証予約、デリバティブ取引等も含まれうると解されており、また、一連の取引の場合には、累積残高も考慮されると考えられています〔江頭憲治郎「株式会社法第6版」(有斐閣、2015)、龍田・前掲〕。

17

第2回:平成26年会社法改正の概要(2)|会社法(平成26年改正)|EY新日本有限責任監査法人

条 362 会社 法

😗 3 詐害的会社分割における債権者保護 分割会社が、承継会社に承継されない債務の債権者(残存債権者)を害することを知って会社分割をした場合には、残存債権者は承継会社等に対して、承継した財産の価額を限度として、当該債務の履行を請求することができるようになりました(会759条第4項、761条第4項)。 コーポレート・ガバナンスの強化を図るために、監査等委員会設置会社の新設、社外取締役等の要件の見直し、社外取締役を置くことが相当でない理由の開示及び会計監査人の独立性の強化等が行われています。

17