黒 猫 冠者。 吾妻鏡元暦2年4月

つばき一覧

冠者 黒 猫

✔ 今日、波多野 の四郎経家(大友と号す)鎮西より帰参す。 そうすると、ああ、もう水が出て、足の裏が冷たくッて冷たくッて、と姉さんがお言いだとね。

2

つばき一覧

冠者 黒 猫

🤝 而るに彼の意趣知り難きか。 (男男:フランシス、ジュリアン)外科医殺人事件に巻き込まれるシャム双生児。

10

「ふたご」の文化史

冠者 黒 猫

🤔 御入洛の日、日次を撰ば るべし。

12

芥川龍之介 地獄変

冠者 黒 猫

💢 オトモダチになるとオトモ道具を入手 住処に行き、奇面族の親玉と話すとオトモダチになることができ、会話終了後に「ガジャブーの壺爆弾」をもらえます。 が、良秀にはそれも格別気にならないと見えまして、その酒甕のやうな体のまはりを、あちこちと廻つて眺めながら、同じやうな写真の図を何枚となく描いて居ります。 その詞に云く、 西海御合戦の間、吉瑞これ多し。

2

須美津・義鷹 (すみつよしたか)とは【ピクシブ百科事典】

冠者 黒 猫

✇ 『武家深秘録』の18年には「将軍秀忠花癖あり名花を諸国に徴し、これを後吹上花壇に栽(う)えて愛玩す。 朝になって、男の裾に刺した麻糸をたどると、糸は戸の鍵穴を通って外に抜け出し、さらに、三輪山の社まで続いていたという。 この外の輩、その数多く拝任せしむと雖も、文武官の間、何官何職、分明知ろ し食し及ばざるの故、委しく注文に載せられず。

6

「ふたご」の文化史

冠者 黒 猫

🤭 」 これを御聞きになると、大殿様の御顔には、嘲るやうな御微笑が浮びました。 どこか近くの部屋の中で人の争つてゐるらしいけはひが、 慌 ( あわたゞ )しく、又妙にひつそりと私の耳を脅しました。

14